Pirikara

環境を考える


 

親愛なる地球のこどもたちへ

   これは助けを求める手紙です。

   私は惑星、地球。ただの星ではありません。

   あなたがたの住む家、母なる地球なのです。

   そしてあなたがたと同じように、

        わたしの体はたったひとつきり。

 

    「シム・シメールの地球のこどもたちへ」
           小学館発行
       上記より引用しました

我が中国紀行より

 宇宙から見れば、ほんの僅かな地域です。

  漓江界隈の人々から見れば、

  故郷であり又生活の基盤です。

   自然と共に、協調しながら

    与えられた、恵みを受け入れる

   素直な、生活が出来る

  素晴らしい、失いたくない環境。

    

   中国 桂林市  漓江下りより


TALK1        心と自然の荒廃

啄木の歌に、「故郷の山に向かいていうことなし、故郷の山はありがたきかな」昔懐
かしく暖かいこの歌は、日本の山紫水明さを偉観なく描写しています。
まさに子供の頃の故郷は(昭和30年頃)、里山も、田んぼも、畑も人の手が適度に入り
自然との調和が取れていました、今、過疎に悩む山村では往時の面影が消え、畑
も、田んぼも、叢が目立ち、里山では、雑木がはびこり、足の踏み入れる道も無くなり
ました。当時、誰がこの様な情景を予想したでしょうか。最近頻発する悲しく痛ましい
事件を考えるにつけても、故郷の自然のように、人の心もいつの間にか、荒んで来て
おります。物は満ち溢れておりますが、穏やかに満ち足りた心、又 心静かな余裕は
有りません、大いに反省しなければならない処です。やはり人間は、大自然と共に、
その懐の中で暮らすのが一番、理に適うことであり、金は無くとも、物は無くとも、心の
静かさと、穏やかに満ち足りた心を取り戻せるのでは!!と思います。故郷はひと
つ、自分もひとつ、生物を育む母なる大地地球もひとつ、巻頭の歌の懐かしさは、こ
の地球上から無くしてはならない大自然の崇高さを歌いこめた傑作だと思いますが
如何でしょうか。自然の厳しさと優しさは、常に、私ども人間を啓発している様に思わ
れます。二一世紀は、人類生存(精神)の試練の世紀になりそうです。
             自然派人間

人間よ奢るなかれ


  「同時多発テロから一年」
  アメリカで起きた「同時多発テロ」の忌まわしい事件からようやく一年が経ちました、この事件の犠牲
者の方々には心よりお悔やみ申し上げます。私自身もこの事件のショックからなかなか立ち直ることが
出来なかった一人です、これからも何処ででも起こりうる悲劇を考えたからです。長距離ミサイルが何
処でも、何処からでも狙い撃ち出来る時代です。国と国との緊張は、国連又当事国の間で何とか、理性
的に処理を模索しながら何とか均衡を保って居ります。
  アフガンでアルカイダが歴史遺産を爆破する愚かな行為がありました。人類の文化遺産を破壊するが
ごとき行為は、自分自身をも否定する事だと常々考えている私ですが、国の成立も過去の歴史から生じ
た同じ文化を共有出来る人々が集まり作られた社会なら、そこにこそ自分自身の根っこが有ります。国
の境界線は無意味ですが文化圏は有意義です。文化は戦争をしません。
  アメリカ社会も今回の事件から早く立ち直り、多文化社会の典型たる、最もデモクラシー的近代国家を
自負するべく、その真価を世界に示して貰いたい所です。      2002/09/11

 2011/5:ビンラデン容疑者パキスタンで米軍特殊部隊に殺害されました。

                                                   
               人類の文化を破壊することが無い様に祈ります  

続発する悲惨なテロ事件

    2001/09/11のアメリカニューヨークでの同時多発テロから早くも五年経過しました。
世界のあちこちで多発するテロ事件も後を絶ちません、悲惨なのはロシアのベスランで発生した、学校
を占拠し、乳児から子供まで人質にとり何百人と殺害した事件でした。
人間としてここまで残酷になれることが不思議でなりません、日本人である私としては理解出来ないこ
とばかりですが、曖昧模糊とした日本人的生き方が大好きです。日本も過去には大きな間違いをしまし
たし、それには大変な犠牲を伴いましたが、ここまで日本が平和に立ち直れたのは、日本人の特性であ
曖昧模糊の精神です、外国の方々にはこの特性を嫌われるようですが、物事を白黒だけでなくグレ
ーの存在を介在させ他の文化宗教を容認して取込む事が出来る日本人は世界の平和にきっと役立つこと
が出来ます。日本には古代から和を以って貴しと為すと言う基本概念が有ります。
世界で頻発するテロ事件は、白黒を早急につけようとする余り過激な行動に走り庶民をまき込む事にな
るようです。どんな神様でもこれは断じて許さない事だと思います。




戻る:TOPページ